1. TOP
  2. コラム
  3. 脂肪吸引による体重の変化はどのくらい?
「脂肪吸引」
に関連するツイート
Twitter

【世界で多い美容整形ベスト3】 3位:二重まぶた 2位:脂肪吸引 1位:豊胸

Twitter美容ダイエット極道@gokudou_biyodie

返信 リツイート 5分前

えくぼの件、前に顔の脂肪吸引したときえくぼ残したいか聞かれて、そのときはえくぼ消したくなかったので(えくぼがなくなると即親バレ親戚バレしそうで)えくぼ残してくださいとお願いしたんだよな~ あのときえくぼいらないよって言ったらどうなってたんだろ🤔

ボトックス打ちたいけどどうなんだろ〜〜 顔アンパンマンだからどうにかしたいんだけど頬骨出てるから脂肪吸引しちゃった方がいいのかな〜〜

美容クリニックの人が脂肪吸引ってエゴサしてていいねしまくってるのうける

Twitter不信ちゃん@千尋。@mi_jan_

返信 リツイート 52分前

胃縮小術とか、脂肪吸引とか、もしできるなら栄養の吸収能力を意図的に低下させる、とかかね

ダイエットもするけど顔の脂肪吸引したい

Twitterワナ美ちゃん🇰🇷9/2目頭@wanna_bichan

返信 リツイート 16:28

DT中って書いてるけど、そういえば脂肪吸引から1ヶ月経った。

Twitter泣き虫あかちゃんまん🍼脂肪吸引DT中@s_kiampd25379

返信 リツイート 16:28

#ゼンクリニック は釜山にあるクリニックで目や鼻の手術はもちろん輪郭整形や脂肪吸引、脂肪移植なども手がけています。韓国人の知人によると江南のクリニックに比べて釜山のクリニックはお手頃な #料金 なので利用する人が多いという話です。

Twitterゼンクリニック@zencl678

返信 リツイート 16:22

あ~~ダメだ ダイエット続かない なんでだろうなぁ やる気の問題? 誰かライザップに一緒に通おうよ~~笑 それか脂肪吸引したいいい

Twitterりーちゃん@gyaou4

返信 リツイート 16:18

返信先:@ssk_hint 自分達だけだと狭くなりそうなんで時間あれば行くかもです! 今週脂肪吸引のカウンセリングとかあるんで微妙かもですが

カテゴリー:

脂肪吸引による体重の変化はどのくらい?

脂肪吸引の手術は、体重はそれほど大きく変わる事はありません。

身体の重さというより、むしろ見た目がスリムになるのが特徴的です。

ただしダウンタイムによって落ち着いてくると、身体の重さが若干減る事はあります。

手術によって身体の重さが大幅に減る訳ではない

ダイエット関連の商品の広告を見てみますと、たまに「数ヶ月で10キロ近く痩せた」などと宣伝されている事もあります。

その他にも、数日で3キロ痩せたという宣伝もあり、商品によって身体の重さが減る度合いは異なります。

身体の重さが変化するなら、見た目もスリムになると思い、商品を買っている方々も多いです。

それで脂肪吸引の手術は、しばしば上述のダイエット商品のようなイメージが描かれています。

今までその手術を受けた事が無い方々は、「手術の後は身体はが大幅に軽くなる」と思い込んでいる事も少なくありません。

しかし実際には、手術の後に身体の重さが大きく減る訳ではありません。

というのも、あまり脂肪を取っていないからです。確かに手術を受けると、脂肪細胞自体は吸引されます。

皮膚の表面に近い場所にある脂肪細胞を取って、見た目をスリムにする事を目指す訳です。

脂肪の細胞が取られる訳ですから、多少は体の重さが変化します。

しかし上述のダイエット広告のように、劇的に軽くなる事はまずないですし、せいぜい1キロや2キロぐらいになる傾向があります。

クリニックで手術を受けますと、たいてい取った脂肪の量が報告されます。

「脂肪が3キロぐらい取れました」などと報告されるのが一般的です。

その3キロというのは、やや過剰な表現で、実際には3キロではなく、1.5キロぐらいに限定される傾向があります。

というのもクリニックが吸引した物には、脂肪だけが含まれている訳ではありません。実際には水分やリンパ液や血液などが含まれています。

3キロ中の1.5キロぐらいはリンパ液や血液などであり、残り1.5キロが脂肪になる訳です。

そのためクリニックが脂肪を吸引したところで、実際には身体の重さは3キロも減る訳ではありません。

たいてい1.5キロ程度です。

ですからクリニックで手術を受けても、それほど身体の重さは変わらない傾向があります。

しかし、それは「脂肪を吸引しても、見た目はスリムにならない」という意味ではなく、見た目は大きく変化します。

身体の重さは余り変わらなくても見た目はスリムになる

確かに手術を受けても、身体の重さ自体は余り変わりません。

しかし脂肪は確実に吸引している訳ですから、見た目はだいぶ変わってきます。

例えば手術を受ける前は、太ももの幅は30センチぐらいでした。

それでは少々幅が太いので、クリニックで脂肪の吸引の手術を受けました。

その結果、28センチや27センチぐらいになる事はよくありますが、体の重さ自体は余り変化していない事が多いです。

手術前の身体の重さは55キロだったのに、手術後は53キロといった具合です。

重さはあまり変化しませんが、肝心の太ももという気になるパーツは、見た目は細くなる訳です。

ですからクリニックでの手術の目的は、身体の重さを減らす事ではありません。

見た目をスリムにする事を目指す訳です。

ある意味、その手術は「彫刻」のようなイメージになります。

彫刻では、独自のカッターを使用して樹木をカットしていく事になります。

太ももが樹木だとすると、手術というカッターで脂肪を取り除いていく事になります。

多少脂肪を削ったところで、身体の重さが大幅に変化する事はまずありません。

それでも削り取る訳ですから、見た目自体はスリムになる効果があります。

ダウンタイムの後に体が軽くなる事はある

ところで人間の体には、再生機能があります。

一旦はダメージを受けても、また元の状態に戻る訳です。

かすり傷などをイメージすると、分かりやすいですね。

たまに皮膚の一部が軽いケガをする事もありますが、しばらく日数が経過すると、だんだん皮膚も元通りになっていきます。

皮膚にある細胞には、回復力があるからで、このため脂肪を吸引する手術を受けた後は、体が若干軽くなる傾向があります。

例えば手術を受ける前は、身体の重さは55キロでした。

そして手術を受けたら54キロになり、さらに数ヶ月経過すると53キロといった具合です。

若干軽くなる訳ですが、その理由の1つは上述の回復力です。

手術を受けた後は、体が若干ダメージを受けている状態になります。

そのままでは良くないので、身体の細胞は自然と修復されていきます。

その結果身体の重さが増えるのではなく、やや減る事が多いです。

たいてい数ヶ月ぐらいで53キロぐらいになりますが、手術を受けた後の「回復中」の期間は、ダウンタイムと表現される事が多いです。

なおダウンタイム後は、身体の重さは劇的に減る事はありませんので、一気に10キロも痩せる事は無く、せいぜい数キロ程度です。

ですから手術を受けると、体重は少しだけ軽くなります。

しかし劇的に軽くなる事はほぼありません。

細胞自体を吸引したからと言って、体が大幅に軽くなる事は無いからです。

とは言うものの、見た目自体はかなり細めになります。

吸引の手術は「体重を減らす」というより、「スリムな体型になる」効果がある訳です。