1. TOP
  2. コラム
  3. 脂肪吸引は未成年でも受けられる?
「脂肪吸引」
に関連するツイート
Twitter

美容クリニックの人が脂肪吸引ってエゴサしてていいねしまくってるのうける

Twitter不信ちゃん@千尋。@mi_jan_

返信 リツイート 15分前

胃縮小術とか、脂肪吸引とか、もしできるなら栄養の吸収能力を意図的に低下させる、とかかね

ダイエットもするけど顔の脂肪吸引したい

Twitterワナ美ちゃん🇰🇷9/2目頭@wanna_bichan

返信 リツイート 27分前

DT中って書いてるけど、そういえば脂肪吸引から1ヶ月経った。

Twitter泣き虫あかちゃんまん🍼脂肪吸引DT中@s_kiampd25379

返信 リツイート 27分前

#ゼンクリニック は釜山にあるクリニックで目や鼻の手術はもちろん輪郭整形や脂肪吸引、脂肪移植なども手がけています。韓国人の知人によると江南のクリニックに比べて釜山のクリニックはお手頃な #料金 なので利用する人が多いという話です。

Twitterゼンクリニック@zencl678

返信 リツイート 32分前

あ~~ダメだ ダイエット続かない なんでだろうなぁ やる気の問題? 誰かライザップに一緒に通おうよ~~笑 それか脂肪吸引したいいい

返信先:@ssk_hint 自分達だけだと狭くなりそうなんで時間あれば行くかもです! 今週脂肪吸引のカウンセリングとかあるんで微妙かもですが

リエンジャン調べてもあんまりレビュー出てこないし脂肪吸引破格すぎて不安なるレベル

☆ 太もも脂肪吸引レポ補足 ☆ 圧迫着は専門店の方が手術当日に測りに来てくれてオーダーメイドです! 一応クリニック情報載せときます! HP: bon-gangnam.com/mobile/ kakao: pf.kakao.com/_pnDqV

Twitter코코🇰🇷8/9-17@39raco25

返信 リツイート 57分前

昨日ヨンセで脂肪吸引のカウンセリング受ける予定だったけど体調悪すぎて急遽キャンセルしちゃった😢

Twitterちーた🐣8月渡韓予定@c_0003_kkK

返信 リツイート 15:47

カテゴリー:

脂肪吸引は未成年でも受けられる?

脂肪吸引の手術を検討している年齢層は、とても多彩です。

未成年者も、手術に関心を抱いている事があります。

20歳未満でも、クリニックで手術を受ける事は可能です。

ただ殆どのクリニックで親権者の同意が必要ですから、必ず相談しておく必要があります。

 

クリニックに両親が同伴していれば手術は可能

多くのクリニックは「20歳未満でも手術は可能」と明示しています。

ただし大人と違って、若干の制約はあります。

基本的には親権者からの同意が必要です。

20歳未満で手術を受ける条件は、主に2つあります。

1つ目は親権者の同伴です。

手術を受けたいなら、もちろん病院に行く必要があります。

しかし20歳未満の本人1人で病院に行っても、たいてい手術は受けられません。

病院の受け付けに行っても「親権者と一緒に来て下さい」と言われてしまいます。

病院にも色々な事情がありますから、本人1人の独断で手術を受けるのは色々問題があるからです。

逆に親権者と一緒にクリニックに足を運んだ時は、特に問題はありません。

両親が同伴しているという事は、すでに「親権者の同意を得ている」と見なされるからです。

もちろん同伴してもらう為には、両親と相談しておく必要があります。

ですから「両親に相談して、きちんと同意を得ている」状態ならクリニックで手術を受ける事は可能です。

逆に、両親からの同意がないと手術は受けられませんから、注意が必要です。

なお同伴する場合は、事前に認印などを準備しておく必要があります。

クリニックでは、所定の書類に記入する事になるからです。

書類には捺印箇所もありますから、認印は必要です。

 

同意書を提出すれば手術は受けられる

それと親権者同意書です。

同意書はクリニックに提出する事になり「親権者からの同意を得ている事を証明する」書類になります。

クリニックとしては、あくまでも両親からの同意を得ているかどうかを重視しますから、書類に記入されていれば問題ありません。

同意書には記入項目が4つあって、まず一番上の箇所にクリニック名を書きます。

書類の下側には、日付と住所も記入します。

そして書類の中央部分には、同意を示す文章を書く訳です。

文章の書き方は、特に決まっていません。

「私の子供であるAがクリニックで手術を受ける事に同意します」などと記入します。

その書類を病院に提出すれば、両親からの同意を得た事を証明できる訳です。

その同意書を作る方法は2つあって、1つ目は病院の公式サイトです。

脂肪の吸引を行っているクリニックのサイトをよく確認してみると、親権者同意書をダウンロードできる事もあります。

まずはその書類を印刷して、両親は必要項目に記入する訳です。

手術を受ける本人ではありません。

必ず紙媒体で提出する事になります。

WEBで提出する事はできませんので、注意が必要です。

もう1つの方法は、その書類の自作です。

上述の同意書のサイトなどを参考にして、自分で手書きで書類を作る方法もあります。

クリニックとしては、どちらの方法でも構いません。

あまりその書類を書いた経験がない方々は、クリニックからダウンロードして提出している傾向があります。

 

同意書を記入する人物と法定代理人

それで上述の同意書には、1つ注意点があります。

20歳未満の本人が書類を記入するのではなく、あくまでも親権者が記入する事になるからです。

前者のように本人が書類に記入したとしても「親権者の同意を得ている」事は証明できません。

本人が書類に記入したところで、同意を得ているかどうかは不明だからです。

あくまでも親権者の直筆が求められます。

ですから親権者の同意書を記入する前に、必ず同意を得ておく必要があります。

親権者に内緒で、無断で同意書を記入してしまうのは、トラブルの元になってしまうからです。

もちろん親権者が書類を書いている分には、何も問題ありません。

結局は同意さえ得ていれば、クリニックで手術を受ける事はできます。

ちなみに親権者の同意書は、必ずしも「両親」でなくても問題ない事もあります。

やや複雑な家庭の場合は、両親以外が同意書に記入していても問題ありません。

例えば過去に不幸があって、すでに両親がいない時です。

両親が不在なので、叔父や祖父が子供を引き取っているケースもあります。

その場合は、引き取っている叔父や祖父が同意書に記入する分には、特に問題はありません。

やむを得ない事情であると見なされるからです。

その場合は、必ず「法定代理人」という表現を盛り込む事になります。

書き方は少々特殊になる訳ですが、それもクリニックに問い合わせすれば、教えてくれます。

やや事情が特殊な時は、クリニックに相談してみると良いでしょう。

もちろん引き取っている叔父や祖父の同意を得る必要があります。

 

ですから未成年者でも、クリニックで手術を受ける事はできます。

どのような状況でも、必ず親権者からの同意を得る必要はありますから、手術を受ける前に相談しておく必要はあります。

同意さえ得ていれば、特に問題はありません。