1. TOP
  2. コラム
  3. 脂肪吸引後に飲酒はできる?

カテゴリー:

脂肪吸引後に飲酒はできる?

自力での部分痩せや大幅減量が難しい人であっても、手術で脂肪を確実に取り去ることのできる、脂肪吸引であれば理想のボディを手に入れることが出来ます。

手術を受けた後にはいくつかの注意事項がありますが、順調な回復を目指すためにもお酒は控えることです。

回復をしようとする細胞に良くない影響も

大人に許された特権の一つはお酒であり、20歳を超えたらビールや焼酎にカクテルやワインなど、10代までは飲むことのできなかったお酒を楽しむことが出来ます。

社会人にもなれば飲み会やお付き合いなどでも呑む機会は多くなりますし、仲間や同僚と呑みに行ったり、1日頑張った自分へのご褒美としての晩酌を楽しみにする大人も多いです。

適量を飲むことで血行も良くなって、ほろ酔い気分で楽しくなりますし、夜はそのままぐっすりと眠ることが出来ます。

毎晩の晩酌を楽しみにしている人にとっては少しだけ辛いかもしれませんが、脂肪吸引後の飲酒は控えることです。

お酒を飲むことにより体内の血流は一気に良くなりますので、普段であれば健康にも良さそうですが、術後の弱っている身体にはそうではありません。

血液の流れが良くなりすぎてしまうと、手術を受けてから回復をするために一生懸命な細胞にはマイナスの影響です。

修復を頑張っているところにアルコールが入り、血行が非常に良くなりますので、血液の量も同じように増えてしまい、回復へ向かっていた内出血は血行の良さで悪化します。

手術をした後には患部がむくみを生じますが、内出血も起こしますので、その状態がひどくなるためアルコールは控えることです。

細胞が修復をするためには、とても多くの栄養素を必要としますし、同時に新鮮な酸素もたくさん必要になります。

ですが濃度の高いアルコールを口にすると、その血液が体内にたくさん流れてしまうことで、栄養も酸素も足りなくなるため要注意です。

血行促進作用で患部の炎症を悪化させる事態に

余計な脂肪を無くすために美容治療は大きな力を発揮してくれますし、部分痩せなどもできるのは痩せたい人にとってうれしい方法です。

脂肪吸引後には気を付けるべきこともあり、そのひとつである飲酒はしばらくお休みをします。

特に直後などは患部がまだまだ激しく炎症を起こしている状態ですので、お酒を飲めば一気に血流を良くするため、炎症が治まるどころの話ではありません。

術後は温めて血行を良くするのではなく、患部に対しては冷やさなければならないため、アルコールの摂取は逆効果です。

炎症を起こしているところに血行促進をさせては、炎症が悪化をすることになります。

身体を芯からポカポカと温めてしまいますので、クールダウンさせるべきところ悪化をさせて、炎症は長引くばかりです。

どうにか患部の炎症が落ち着いたと思っても、アルコールは水分を奪いますので、体内は水分不足に陥ります

人間の身体には新鮮で十分な水分が必要ですが、アルコール摂取により水分が体内には足りなくなり、代謝も低下をするので、内出血もむくみの症状も長期化するので要注意です。

お酒も液体ですから水分補給になるような印象ですが、アルコールの場合は腎臓における血液循環を増加させることになります。

尿の回数は多くなりますので、飲んだ以上に水分を排出してしまうため水分不足の状態です。

身体を自分でコントロールしにくくなるのもお酒なので、お酒を飲んで転倒などしては大変なことになります。

むくみや内出血の症状が長引くこともある

脂肪吸引を受けると余計な脂肪は落とすことが出来ますが、手術による肉体的なダメージがしばらくは続きます。

それも時間の問題ですので、ゆっくりと回復をしていくことになりますが、ダウンタイムの時にはできるだけ飲酒は控えることです。

回復をする過程において痛みは最初のころ強く感じますが、他にもむくみや腫れた状態になったり、内出血や拘縮もあります。

術後誰もが経験をするのが強い腫れと痛みであり、幹部は激しく炎症を起こしている状態です。

炎症がひどいのですから患部に対しては、温めるのではなく冷やす行為が必要になります。

この段階でうっかりお酒などを飲んでしまうと、体内を巡る血液の流れが非常に良くなり、炎症はひどくなるばかりです。

治ろうと頑張っているのに、悪化をさせるようなことをしてはいけません。

お酒を完全に飲まないほうが良いのは術後であり、炎症がまだ続く時点で口にするのは自分のために厳禁です。

患部は腫れて痛みを感じる時期を通過すると、次にやってくるのが内出血のピークとパンパンになるむくみの症状であり、この時期にもアルコールはまだ控えます

血液の循環をスムーズにするべき時期であり、身体の中の水分代謝も高めなければなりません。

お酒は液体ではありますが、飲むことで強い利尿作用もありますので、飲めば飲むほど体内は水分不足の状態です。

水分が少ないと代謝が滞りますので、むくみもなかなか収まらず内出血も続いてしまいます。

適量を飲むことでストレス発散になったり、気分も良くなるなどお酒を飲むことで気分転換をすることが出来ます。

ですが脂肪吸引後には飲酒はしばらくお休みをするべきであり、むくみなど症状も落ち着いたらまたお酒を楽しむことが可能です。